私がもう二度と行きたくない散髪屋。「坊っちゃん」を連呼

私が二度と行きたくない床屋は、皆さんご存じの「◯ラ◯ジ◯」です。小学生だった頃、父親と一緒に床屋に通っていた私。その頃はまだ物心がついておらず、髪型にも特にこだわりはありませんでした。

髪型を注文するときはいつも父親がオーダーしていました。その髪型は「坊っちゃん刈り」でした。坊っちゃん刈りとは、襟足からモミアゲにかけて刈り上げていき、前髪を揃えるものです。私はこの髪型で中学校の青春時代を過ごしました。父親がなぜこの髪型をオーダーしていたのかいまだにわかっていませんが、とにかくいつも坊っちゃん刈りでした。

いつもオーダーするので店員にもちょっかいを出されたりするぐらい顔を覚えられてしまいました。そのせいで、床屋に行く日はとても憂鬱でした。しかも店員もオーダーした後、大きな声で坊っちゃん刈りと復唱するので店員のことも嫌いでした。それがわざとなのか仕事の業務上なのかはわかりませんが、とにかく嫌いでした。

ある日、あまりにそれがいやなのでオーダーを自分ですることにしました。オーダーで「刈り上げ」とオーダーしました。すると店員が大きな声で、「刈り上げ坊っちゃん」と言ったのです。中学生のプライドを蹂躙し、勇気をバッサリと切られました。高校に入るとさすがに坊っちゃん刈りは嫌だったので、別の「◯ラ◯ジ◯」でに変えることにしました。そこでオーダーしたのが、「自然な感じで」でした。

そこで初めて自分の思惑通りの髪型になりました。しかし、高校時代の周りの同級生はみんなおしゃれな髪型をしていて、どうやったら同じ髪型ができるのか色々と試しました。ワックスをつけたりしましたが、どうやらもともと頭の形が悪すぎてヘアースタイルが決まりようがなかったのです。

具体的に言うと、後頭部が断崖絶壁でなおかつ左だけヘコんでいる感じです。そこではじめて気づきました。坊っちゃん刈りは、襟足を刈り上げることで私の後頭部の形を隠していたのだと。いまではその頃のことは笑い話になっていますが、当時は本当に辛かったです。そんなことがあって2度と行きたくありません。

そしていまでは床屋にトラウマがありすぎて散髪屋は必ず美容室を選んでいます。美容室はプラージュのように安くて早いをモットーとしておらず、一人一人にあった髪型をじっくりカウンセリングをしてくれるのでとても良いです。しかし刈り上げがあんなに嫌だったのに、いまではまた刈り上げにしています。当時とは雲泥の差の刈り上げですが。

1,000円カットのおばちゃんの口臭が・・・

実は二回ほど同じ事がありました。1000円カットに私は行くのですが両方とも実は最近の行った所も同じ現象でした。
カットについてとか、サービスが悪かったとかではありません。当人も一生懸命やっていたでしょうし、決して技術やそういう事ではありません。しかしやられた本人は不快な思いをするので、なんとかしてもらいたいというのが本音です。

最近起きた事で申しますと、床屋の椅子の高さと同じ状況だったんですが、おばちゃんがカットしてたんですが、鼻息とその口臭がもろかかってくる高さなんです。耳もとで、”ぶひゅーぶひゅー”と息が耳元にかかります。自分は美容院とは違って、床屋はうつらうつら寝る事が出来るので、床屋にしているんですが、今日も寝ようかなって思っていたらその状況です。音もさることながら、耳に息が吹きかけられるとくすぐったい訳です。しかも口臭が臭いので、寝つけません。床屋に行って寝るのがちょっとした楽しみなんですが、それがとてもできる状況にはないので、実はあまり髪切っている時に話しかけられるのは好きじゃないのもあります。寝るのが一番だと思っています。

椅子の高さとおばちゃんの鼻の位置が、丁度耳にくるのでどうにかしてずらそうとするんですが、頭をわしっとつかまれたりしますのでなかなかづらせない。しかしこのトラブル。どう相手に言ったらいいのか?息が臭いですよとか、鼻息やめてくださいよというのは、自分は相手の事を思うと言えません。不真面目にやっているのであれば、当然抗議を上げますが正直カットに関しては一生懸命やってくれています。自分の中では、一生懸命やっている人には抗議できません。

自分はかりあげをいつも依頼するのですが、ハサミが入るたびにぶひゅーぶひゅー”とされ、しかし動くと危ないです。どうしたらいいのかやきもきしてると、ようやくサイドの作業は終わり、しかしながら寝てもいないのに寝たふりをしなければならないこの状況は、二度と行きたくないというのは言い過ぎかもしれませんが、ちょっとと思うようになりました。

床屋さんではそうした事を防ぐために、マスクしている所もあるんですが、1000円かっとにそれを求めるのはいけない事なんだろうか?おばちゃんは一生懸命なだけに、利用はしたいけど、耳に息がかかる苦痛はちょっと困ります。技術的には全く値段としては問題ではありませんが、マスクをつける習慣をつけてほしいです。

理髪店選びは、自分が納得したところへ行こう!

今から10年ほど前になるお話をしましょう。横浜市近郊に新築のマンションを購入したので、引っ越しました。数日後、髪がのびたので、近所に理髪店がないか探しながら歩いていると、通り沿いに一見古そうな店を見つけました。

お客さんは自分しかいません。予約なしで入店できましたので、こちらからスタッフの方に希望のヘアースタイルを伝えて、椅子に腰かけました。すぐに、ヘアーカットの作業がはじまりました。タオルを首に巻いてくれ、切った髪の毛が飛散しないように白いシートを覆い、頭部の洗髪から始まりました。

手際よく指先を使って洗ってくれました。しかし、痒い所に手が届かず、頭皮にまだ、痒みがありました。洗髪後、カットに取り掛かりました。最初はバサバサと切って、終盤になってからは櫛を使いながら髪の毛の微調整をして虎刈りにならないようしてくれました。

次に、椅子を斜めに倒して、髭剃りに入りました。スタッフの方は、いろいろなお客さんと話しながらヘアーカットの仕事をされてるのでしょう。何でも知っているかのように、話しかけてきます。このとき、うっかりしてカミソリで顔面をちょっと切ってしまいました。

スタッフの方は、「すみません!」と言って詫びました。髭剃りの作業が終わったあと、薬用のクリームをつけてくださいました。その後、お客さんのご機嫌をとろうと何かと話かけてきました。約1時間くらいたったであろう頃、すべてのヘアーカットが終了しました。

自分の感想としては、まず、いつも店が空いていること、予約で埋まっているのかといえば、そんなことはなく予約なしですぐに入店できること。ヘアーカットはまあまあ、他の理髪店と同様に差はないと感じられます。

しかし、スタッフの方の話好きが講じて、髭剃り等でケアレスミスをしてしまうことでしょうか。良い理髪店と悪い理髪店の区別は、ほとんど外見からは判断できません。自分で入店してみないとわかりません。

現在、利用している理髪店は10年以上になりますが、また利用しようと思う店です。その理由は、理髪料金は5000円未満で決して安くはありませんが、時間をかけて丁寧に作業をしてくれます。

また、電動マッサージチェアを置いていて、お客さんが待っている間に自由に使用していいようにしています。さらに、ポイントカードをくれて、利用するたびにポイントが貯まっていきます。3か月ごとに還元サービスを受けることができ、割引きがあります。

床屋の指示に従っているのにもかかわらず文句を言うな

私が行った床屋でもう二度といきたくないと思った床屋は兵庫県にあるイズミヤがある敷地内にある床屋で、そこへ行った理由ですが、安かったからという理由で行きました。

その床屋の何が気に入らなかったかというと店員の態度です。私は髪を切ってもらう際、店員の指示に従い首を傾けたり元に戻したりするわけですが、その際、いちいち指示をする際、なぜかしたうちをする店員がいまして、その人が多分オーナーなんだと思うのですが、喧嘩になりましてもう2度といきたくは無いお店です。

内容としては首を傾けるように言われたのにもかからず、まっすぐにしろと怒鳴られたりで喧嘩になったわけです。どう考えても私に非は無く向こうが悪いのに、何故か私に責任を押し付けてくる人がオーナーでして、あまりにも態度が横柄で警察を呼ぼうとするか弁護士を予防と私がすると、急に態度を一変すると言う人間が床屋のオーナーでして、はっきり言ってしまえば安いから来ているのですが、客商売をなめきっています。

未だにそのお店はあるのですが、最近ですとそういった横柄な態度を取るお店というのは縮小する一方でしてだいぶ困っているように見えますが、私として知ったことでは無いですし、こうなるとは思っていました。

とにかく横柄な態度というのはそれだけ損だと思います。逆に私が最近いっている床屋さんですが、おじいさんが一人で切り盛りしていて70歳を超えている方ですが、とても感じがよくてはさみなどもよく手入れをされているはさみを使用しているため、髪を切られる際、全然痛く無かったです。

私が気分を害した床屋は、道具の手入れさえできておらず、はさみは切れが悪いうえ切られるときは痛い思いをしたので余計私も気分を害したのでしょう。やはり、ある程度接客が出来て道具の手入れが行き届いていないとお客さんとしてはかなり不安に思いますし、実際不安と不満が爆発して喧嘩になったわけですし、何か床屋さんも勘違いをしているように感じます。

というのも人の髪を切るのには別に資格は必要ではなく、自転車の運転と同じ様にきるのがうまいかどうかであり、確かに床屋としてスタイルを追求した場合は免許がいるでしょうが、きるだけなら免許はいらないわけですからはっきり言ってしまえばあの床屋は昔、お母さんが髪の毛を切ってくれたお母さんの床屋以下ですし、何よりも文句ばっかりたれられると、お金を払いきってもらっているのですから空喧嘩になっても仕方が無いです。

今、行っているおじいさんの床屋に行き続けている理由はお客商売をよく分かっているおじいさんでありとても感じがよく、丁寧に髪を切ってくれるのでリピートをしているわけでしてその床屋さんの態度と人柄はとても重要だと思います。

女性スタッフに髭剃りしてもらったら血塗れにされた

私は40代の男性です。
今から15年程前、駅近くの床屋で血塗れにされた事があります。

当時私は20代半ばで会社員をしていました。
私は和歌山県和歌山市に住んでおり、JR和歌山駅近くのデパートまで買い物に出掛けました。
買い物帰りに駅近くで床屋見つけ、そういえばそろそろ散髪の時期だなと思って立ち寄りました。
行ったことのない床屋でしたが、髪型に拘りはありませんし短くしてもらえればそれでいいかと思って入店したんですよね。

こちらの床屋は施術台が5.6台ある大きめのお店で、スタッフも6.7人はいました。
入店時は満席でウェイティングしましたが、10分程で施術台へ案内され散髪をしてもらえました。
散髪を担当してくれたのは40代ぐらいの男性スタッフです。
こちらのカット要望をきちんと聞いてくれましたし、大体私の希望通りにカッティングしてもらえました。
カットに関しては問題は感じてません。

カット後はうなじや耳の裏の産毛剃りが行われました。
この作業も散髪をしていた男性スタッフがしてくれましたし、作業は丁寧で心地よい程。
そして問題となった髭剃りへと移ります。

ここで男性スタッフは私の席から離れ、女性スタッフが私の髭剃りをしました。
髭剃り用の泡を私の口元、顎、頬に塗ってくれました。
泡を塗り終わってから髭を剃りだしたんですが、動きが雑でした。

動きは大振りで雑ですし、やや力任せな所もあって口元がヒリヒリしだしたんですよね。
恐らくこの時から髭剃りで出血していたんだと思います。
でも施術台を倒して私は仰向け状態になっています。
見えるのは天井のみで、鏡で自分の姿を確認出来ません。
ですのでヒリヒリするものの、出血してるなんて思ってもみませんでした。
ただ髭剃りが下手なだけだろうと。

髭剃りが終わってから女性スタッフは一度離席し、戻ってきたら軟膏っぽいものを私の顔に塗りだしました。
それが何なのかちゃんと見えませんでしたが、軟膏のようなニオイだったので軟膏だと思います。
その後施術台を元の角度へと戻し、鏡で自分の顔を見ました。
すると顔のアチコチが赤くなってました。
そう、私の血です。
軟膏の白さで多少誤魔化せてましたが、それでも出血してるとわかるぐらいの血がにじんでいました。
床屋の髭剃りでこんな状態にされたことはなかったので、ほんとショックでした。
女性スタッフからお詫びの言葉やお詫びの品を渡す等の対応はなく、規定通りのお値段を支払わされました。

今の私ならその床屋で苦情を言ったと思いますが、当時は20代半ばの若造でしたし文句を言わずにそのまま退店しました。
男性の髭って普通のムダ毛処理と違い、かなり大変な作業です。
自分で髭剃りをしてても、血が滲んだりすることは良くあります。
男性なら毎日この作業をしてるわけですから、この辺りの事も理解して丁寧な髭剃りをしてくれます。
でも女性はこういう苦労を知りませんから、今回のような髭剃りになったんだと思います。

それ以来こちらの床屋には二度と行ってません。
いつも行ってる男性スタッフが髭剃りまでしてくれる床屋を利用するようにしてます。